スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重力ピエロ

監督:森淳一
エグゼクティブ・プロデューサー:豊島雅郎
プロデューサー:荒木美也子、守屋圭一郎
原作:伊坂幸太郎
脚本:相沢友子
撮影:林淳一郎
美術:花谷秀文
編集:三条知生
音楽:渡辺善太郎
製作国:2009年日本映画
上映時間:1時間59分
配給:アスミック・エース




「ハルが2階から落ちて来た」
この言葉ではじまるのは原作も映画も同じ
ラストもこの言葉なんだけど
重みが違う~

岡田君が落ちてくる姿
美しいです。

ミステリというより家族の愛の物語
ちょっと甘めで
ガンジーの言葉の引用
全編に流れる音楽

とってもとっても好みです。
3回ほどウルってきました。

現実離れしている作品
好きなんでしょうね。
好みがとっても分かれると思います。

家族って血の繋がりじゃない
共に同じ方向を見て
感じあう事
大事に思う気持ちが大切なのよ

登場人物は
個性豊かな家族
卑劣な男
ストーカーの女の子(この子が笑える

罪と罰の描き方は正統派ではない
疑問も残るだろうけど
春はあの後自首して罪を償うよね

自分が迷って神に何かを求める
その答えが「自分で考えない」

そうなの答えは いつも自分の中にあるのです。

「自分がこの世の中で見たい変化になりなさい」
ガンジーの言葉です。

周りの変化を望むのではなく
自らが選んだ変化を自分が行なう

原作時間が無くて挫折したので もう一度読んでみます。

スポンサーサイト

コメント

こちらでも・・ 猫ママ : 2009/07/17 (金) 12:35:39 修正

ぶらうんさん こんにちは^^
ブログお休みなのに ごめんなさいね。
夏休みが始まる 今のうちに・・(笑)

伊坂幸太郎原作の「重力ピエロ」と「フィッシュストーリー」が
同時に上映されていたのだけど
(なんで同時なん?)
とうとうどちらも観に行けませんでした・・
あ~~残念!!

ぶらうんさん レビューありがとうございます。
原作本は手元にあるので ぼつぼつ読んでみようかと
思っています。楽しみです~ 読めるかなぁ・・

だいぶ前ですが「アヒルと鴨のコインロッカー」を観ました。
冒頭からボブディランの「風に吹かれて」から始まります。
ブータン人と大学生とミステリアスな展開で楽しめますよ。
謎めいて 良く観ないと解りづらいけど面白かったです。
「ボブディランはフォークの神様だから 神様に見て見ぬふりをしてもらおう・・
ロッカーに閉じこめよう・・」
エンドロールで 「風に吹かれて」が流れます。

機会があれば どうそご鑑賞あれ~~

来週から長い夏休みが 始まりますね・・
あ~~私も夏休みが欲しい~~
お互いバテないように頑張りましょうね~
楽しい夏休みをね~


猫ママさんへ ぶら : 2009/07/29 (水) 21:44:36 修正

猫ママさん、こちらにもコメありがとうです。

> 伊坂幸太郎原作の「重力ピエロ」と「フィッシュストーリー」が
> 同時に上映されていたのだけど
> (なんで同時なん?)

フィッシュストリー 時間が合わなくて観れませんでした。
なんで同時期なんでしょうね。

実は二つとも原作は挫折中
重力ピエロ
あまり評判良くないですね~。苦笑

>だいぶ前ですが「アヒルと鴨のコインロッカー」を観ました。
実は私が井坂幸太郎に嵌まったのはこの映画でした。
不思議な空気感で・・・大好きです。
音楽もyかったし
レビュー書いた??
英太くんのファンです。^^

猫ママさんとは趣味が合うんだな~
嬉しい。

夏休み一週間過ぎましたね。
ギャングたちは元気ですか?

お互いにバテないように気をつけましょうね。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。