スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェイの森

村上春樹全作品 1979~1989〈6〉 ノルウェイの森村上春樹全作品 1979~1989〈6〉 ノルウェイの森
(1991/03)
村上 春樹

商品詳細を見る

若い頃 この本がベストセラーとして話題になった頃
自分はこの本と出会っている。

しかし内容は全く覚えていない

表紙の赤と緑 それだけしか残らなかった。

読み終わっても 以前読んだ気がしない。



昨日読み終わり

この手の痛い系の話

実に好きな私を発見

ちょっと複雑でもある


「孤独」

それは美しく 気高くもあり

身近のようで・・・ 

とてつもなく恐怖に思える存在

私を孤独を愛したいけど

愛する事ができないでいる

人は死を知って

生きている意味を実感できる


自分の中にある歪みが許せない 認められない 直子

自分自身を痛いほど受け止める 緑

あくまでも ありのままの自分を見つめる 僕

悪魔に出会ってしまった レイコ

自分を知っているようで知らない男 矢沢

面白い

個性豊かな?そんな半端なもんじゃない

深い深い人々

こんなにも性描写が多い作品だったの?



人として

男として

女として

生まれてきたからには 避けられない

本当に自分を発見できる瞬間でもある

快楽の海に溺れる

深い深い沼のよう


読書中 緑が好きではなかった

分かりやすく 真っ直ぐで ちょっと下品だから^^;;

でも 緑になりたい

自分に向き合える強さがあるから・・・

そう思える自分に戸惑う



次回読む時

また違った感想が持てそうな気がする

不思議な小説である。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます - : 2009/05/25 (月) 05:05:58 修正

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さんへ ぶらうん : 2009/05/27 (水) 06:24:21 修正

非公開さん、コメありがとうです。

こんなにも忘れられるものか?
呆れるほど憶えてなかった一冊です。

> この本を最初に読んだ時
> ぶらちゃんもワタシもまだ若すぎたのかもしれないね

そうだね。
何事にも出会う時期があるのかもしれないね。

ここ数年本に助けられる事がとても多いです。
そんなに多くの悩みを持っているわけでは無いんだけどね。

文字を追っていると安心するんだよね。
理解しているかは別問題でね。

 bumom : 2009/05/31 (日) 21:39:01 修正

私もこの本読んでいるしまだ家にあるのよ。

でも何にも思い出さないし、手に取ったけどまだ読む気がしないの。

でもこのレビュー読んでまた読んでみようかな~と思いました。
それも緑から。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

bumomさんへ ぶら : 2009/06/07 (日) 21:42:24 修正

bumomさん、コメありがとうです。
お返事遅くなってごめんなさい。

この本かなり話題になったベストセラーですもの
ご自宅にお持ちの方多いでしょうね。

この時期トラン監督が愛して病まないこの本を読むのも何か得られるかもしれませんね。

bumomさんの感想を楽しみにしてますね。

暑いですね・・ 猫ママ : 2009/07/16 (木) 09:38:02 修正

ぶらうんさん おはようございます~

話題になった頃 ぐいぐい引き込まれるようなストーリーじゃなかったような気がして 
途中で挫折してしまいました。
私イラッちだから(笑)

やっと読み終わりました。
登場人物がそれぞれ 個性的に書かれていて 
共感する部分と理解出来ない部分がありました。
でも 出会えてよかったです。

人間 誰でも一人ではとても孤独なんだね・・
人と人との関わりの中で生きて行かなくちゃいけない。
心のバランスを失ってしまった時に、自ら命を絶ってしまう
直子もスズキも・・ハツミも・・
直子はそれ?ばかりに こだわりすぎかな?
これは直子自身にしかわからないけどね・・

(良く死ぬ気になればなんでも出来るって言うけど
ね これから死ぬ人にとっては とても残酷な言葉らしい)
・・・・・・死んだらおしまいだよ・・

私は考え方が古いのか 若者達が全部そうだとは
思わないけど あまりにも性に対して安易な感じがしました。
特に矢沢は男の本能だけでデリカシーのかけらもない!
傷つくのは女の子だもの・・

緑もちょっと下品だけど女心も良く現れていたね。
そして 僕・・あらゆる事を自然に受け止めてる感。
これからどう生きて行くのか 希望的な終わり方でよかった。

まだ未読の作品がいっぱいだけど、
少しずつ村上ワールドに嵌ってみようかな?
1Q84もそのうち ブックオフに出るでしょう(笑)
本が与える影響って大きいですね~

さて トラン監督がどのように描いてくれるのか
楽しみです。
抽象的に・・ 切なく美しくきれいに描いてほしいなぁ・・・

猫ママさんへ ぶら : 2009/07/29 (水) 21:35:03 修正

猫ママさん、コメありがとう~です。
お返事遅くなってごめんなさいね。

この作品がベストセラーになった訳がよく分かりません。
青春時代だから感じられる感覚的なものなんでしょうかね。

主人公の僕には惹かれるものがありましたが
直子も緑も 苦手かな

直子の年上のお友達には興味を持ちました。
彼女が壊れた原因
怖いなと思いました。

善の裏に潜む悪
見えないものに潜むものに他人事でないものを感じました。

村上氏新作 これから読む予定です。
どうなんでしょうね。

映画もどうなるのか
乞うご期待。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。