スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春にして君を離れ

春にして君を離れ (クリスティー文庫)春にして君を離れ (クリスティー文庫)
(2004/04/16)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る


題名に惹かれ読み始めたこの本
実に奥深い サスペンス

表紙の写真がとても好き

シアワセは自分で見つけ感じるもの

自分が信じてる私と
他人が見てる私は
ここまで大きく違うものか・・・

恵まれた生活を営み 
誰からも羨ましがられてる
そう信じてた主人公
旅の途中 昔の友人に出会う
落ちぶれた見た目の友人に優越感を感じるが
友人は自分を見て 哀れんでいる?
どうして????

そこから 彼女の長く苦痛な新たな旅が始まる

自分が相手にどう写っているのか?
聞くのも怖いし
相手から言い出すものでもない

客観的に 自分を見ることも大切なんだろう

違和感を感じつつも 人は口出したりしなもの

自らが感じ取らなければいけないものかもしれない








春は別れが多い季節

大切な人との別れは辛い
もう 二度と会えない
言葉に出来ない 
もどかしさ
まっすぐ顔を上げられない・・・
震える唇
涙が頬を伝い
拭う事さえできない


ありがとう・・・

さようなら。

「別れは出会いの始まり」だと信じたい
スポンサーサイト

コメント

今度はこんばんは~ misa : 2008/03/17 (月) 00:41:34 修正

これだったんですね。^^
私は昔から読書が苦手で…恥

>自分が相手にどう写っているのか?
ブラウンさんは気にしますか?

>春は別れが多い季節  
>大切な人との別れは辛い
>もう 二度と会えない
出逢えたからこそ別れがおとずれ
もしも出逢わなかったら…
「邂逅」平たく言えば「出会い」「巡り合わせ」かしら
いつ、どこで、誰と出逢って、どんな影響を受け何を感じるか…
「邂逅こそが人生を決めると言っても過言でない」
いつも私の頭の中でグルグルしている言葉です。

★misaさん★ ブラウン : 2008/03/21 (金) 15:47:36 修正

misaさん、こちらにもコメありがとう~

本や映画から 思いがけないみつけものをするの
探し物は 探してると見つからなくて・・・

>自分が相手にどう写っているのか?
若い頃は 相手の顔色を伺って自分の意見が言えなかったり
相手の思いを考えすぎたり
自分を出す事が出来なかった。
最近は 相手にどう自分が写ろうと
大きな問題とは思わなくなりました。
着飾った自分は 本当のわたしではないから
そう思えるようになったのは 大切な出会いがあったからでしょうね。

別れは試練かもしれないけど
大切なものを心の中に残してくれてる
そう 思うようにしてます。
misaさんの言葉も大切にしますね。

No title みかん : 2008/03/24 (月) 13:46:34 修正

ブラウンさん、こんにちは~。
愛想なしばかりしていてごめんなさい。
こちらにコメを残すのも初めてですね。
チルチルミチルの青い鳥は、お家にいたけど、
ブラウンさんの蒼い鳥はどこで見つかるのでしょう。
でも、その存在自体がシアワセですよね。
ここでたくさんのシアワセに身を委ねる時間がとても豊かなので、
忙殺仕事ニンゲンとしては羨ましい限りです。
このお部屋が、いついつまでも無理なく続きますように☆
ところで、この本ですが、若い頃から、私の本棚にあります。
とてもコワイ本だよね。
でも、とても好きな本です。(ウラブログで書いたことあるのよ・笑)
去年、息子たちの節目を迎えた時、
この本がもう一度私の中で、答えをつきつけてきました。
そして、本当に大切なものを人を大切にしようと心に決めました。
これが、大きな転機だったのかもしれません。
素のままでいるってコワくて時に淋しいけど、
楽で、時に強くいられることでもあるかもしれない、などと思ってます。
素のブラウンさんが本当はどうなのか、知っているわけではないですが、
私が知る限りのブラウンさんは、出し惜しみするには勿体ない人です。
どう思われるかよりも、で~んと(笑)そのままでいてね☆
何かあったら、その時は、笑っちゃいましょう♪

みかんさんへ ブラウン : 2008/03/27 (木) 19:19:06 修正

みかんさん、コメありがとうです。
お仕事お疲れ様です。
足を運んでくださって嬉しいです。
欲深い私は蒼い鳥を探し続けてます。
その過程を楽しみながら いつかでイイかなぁ~・笑
このお部屋は誰の為でなく自分の為に記録として残すので
無理なく続けたいです。
早朝3,4時からDVDを観てるちょっと変な私です。
自分の時間を作るのは大変ですね。

この本みかんさんは読書家だからご存知だったんですね。
殺人事件の無いミステリー
だけど 人の怖さを見せ付けられますね。

本も映画もその時の自分と向き合うから
年齢を重ねて再度見ると 自分の中で変化を感じるんでしょうね。
若い頃は自分が傷つくのが怖かったけど
今は 相手を傷つけてるんじゃないという思いがあります。
気持ちは見えないから・・・

まぁ~強くなってで~んといきます。・笑

みかんさんのラストコーションのレビューカッコよかったです。
最後チアチーは運命を受け入れたんですよね。
あの潔さが心に沁みました。
こんな所で こめんなさい。

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。