スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・トリノ

原題:Gran Torino
監督・製作:クリント・イーストウッド
製作:ロバート・ローレンツ、ビル・ガーバー
製作総指揮:ジェネット・カーン、テアダム・リッチマン、ティム・ムーア、ブルース・バーマン
脚本:ニック・シェンク
原案:デビッド・ジョハンソン、ニック・シェンク
撮影:トム・スターン
美術:ジェームズ・J・ムラカミ
音楽:カイル・イーストウッド、マイケル・スティーブンス
主題歌:ジェイミー・カラム
製作国:2008年アメリカ映画
上映時間:1時間57分
配給:ワーナー・ブラザース映画

グラン・トリノ

孤独な偏見に満ちた老人がアジア系モン族の姉弟と出会い
心を通わせていく
ストーリーは良くあるもの

シャイな青年タオに粋な男を教えるウォルト

仕事や男同士の付き合いなど

本当は自分息子たちに伝えたかったんでしょうね。

仕事人間で気が付けば子供たちは自立してた

不器用なウォルトは修正が出来ずに今にいたる


テーマは「贖罪」

衝撃のラストなんでしょうが

深すぎて・・・

観終わって考えてしまう

正解とは言えないけど

ウォルト自身は思いが残らない形なんでしょう

人は人生最後に何ができるか

投げかけたものは大きかった気がします。

DVDでも良いけど 観てよかったです。

スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。