スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャケット(2005)

ジャケット [DVD]ジャケット [DVD]
(2007/11/28)
キーラ・ナイトレイエイドリアン・ブロディ

商品詳細を見る

1992年。湾岸戦争での頭部の負傷が原因で記憶障害になったジャックは、ある殺人事件に巻き込まれ精神病院に送られてしまう。拘束衣(ジャケット)を着せられ、死体安置用の引き出しの中に閉じ込められるという実験的療法を受けた彼は、気がつくと15年先の2007年へとタイムスリップしていた。そこで出会ったジャッキーというウェイトレスから、自分が4日後に死ぬことを告げられたジャックは、自分の死の真相を探ろうとするが……。〈映画生活より)

「バタフライ・エフェクト」「エターナルサンシャイン」
時を超え微かな記憶をたどり自分探しをする
この手の作品が好きです。

細かな背景が描かれていないのに
後半ぐんぐんと引き込まれていった。
観る側に委ねる作品なんでしょう。

主演のエイドリアン・ブロディの演技力は素晴らしい

ふと見せる困った顔が胸キュン
こんな表情を見せる人に私は弱い。・苦笑

自らの死を知りながら
愛する人の幸せを望む

人間はわが身に起きた苦労話をするために
がんばっている気がする
辛くてものりこえていく

そんな言葉を残し
未来を変えていった

僕らには時間はいくらでもある

それは大きな間違いなんだろう。


ビョンホンが感銘を受けた映画ということで観ましたが
俳優としてどう感じたんでしょう?
数奇な人生をおくる
そんな役柄にも挑戦して欲しいな。





エンデイング
スポンサーサイト

コメント

 猫ママ : 2009/06/18 (木) 12:14:57 修正

ぶらうんさん こんにちは~

お知らせ頂いてたのに やっと観れました。
ありがとう~
ビョンホンシが どんなふうに感じたのでしょう?

闇の中・・怖かったです・・

避けられない運命だけど 愛する人の為に
運命をも変えて行くジャック・・
あそこの中だけが オレの救いなんて。。
とても悲しすぎるけど・・
でも 彼の一つの希望でもあるんだよね。

最後に自分が変えた未来が見れて
彼も幸せだったと思う。
ジャックの瞳が物語ってるね
悲しいと言うよりも なんだかほっとした映画でしたね。

私 エイドリアンの瞳だけ好き(笑)
戦場のピアニストとビレッジしか知らないけど
演技派俳優さんですね~

>僕らには時間はいくらでもある
・・・・一日一日を大事にしないともったいないわ!
頑張りましょう~~

猫ママさんへ ぶら : 2009/06/28 (日) 04:38:11 修正

猫ママさん、コメありがとうです。
お返事がとても遅くなってごめんなさい。

録画されてご覧になられたんですね?
怖いけど後味は悪くない作品ですよね。

運命に翻弄されながらも前向きなジャック
この方不思議な魅力がありますよね。
決してタイプではないんですが・苦笑

愛する人の幸せが見れたジャック
自己の幸福より満たされたものが大きいでしょうね。

猫ママさんは他の作品も観られてるんですね。
私戦争映画は苦手なのであまり観て無いんですよ。

時間はいくらでもある
そう思って生活しているとあっと言う間なんでしょうね。
最近めっちゃ忙しくてイライラすること事が多くて
後で反省します。
時間の上手な使い方学ばなくちゃです。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。