スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……
すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!!(新潮社HPより)


いや~~これは本当に面白かった。
かなりとってもツボ作品です。
どんなジャンルの小説が好きかと聞かれれば
多分「ミステリー」なんでしょうが詳しくはありません。
わたし頭が良くないので・苦笑
小難しくない仕掛けと人間臭い展開があればオッケーです。

読み進める内に点と点が繋がり
それが最後まで緊張感を持たせ維持できる
読み終わってからもう一度読みたくなる作品です。

でも好みははっきり別れるでしょうね。

あらすじは
仙台を舞台に首相暗殺されその犯人にされる元宅配ドライバーの青柳
彼の青春時代の記憶
甘酸っぱい思い出
過去
出会うべき人との出会い
なぜ彼は犯人にされ
逃げ続けなくてはならなかったか
その結末も意外な展開に繋がる


登場人物も個性ゆたか
主人公が一番平凡?
主人公青柳のお父さんがすっごいワンマンでおっきな人
逃亡犯の息子に逃げろ~
そうはっきり言えるもんじゃない。
マスコミに向けたこの言葉

「名乗らない、正義の味方のおまえたち、本当に雅春が犯人だと信じているのなら、賭けてみろ。金じゃねえぞ、何か自分の人生にとって大事なものを賭けろ。おまえたちは今、それだけのことをやっているんだ。俺たちの人生を、勢いだけで潰す気だ。いいか、これがおまえたちの仕事だということは認める。仕事というのはそういうものだ。ただな、自分の仕事が他人の人生を台無しにするかもしれねえんだったら、覚悟はいるんだよ。バスの運転手も、ビルの設計士も、料理人もな、みんな最善の注意を払ってやってんだよ。なぜなら、他人の人生を背負っているからだ。覚悟を持てよ」

人間の最大の武器は「信頼」
どこまで相手を信じられるかなのかな

詰めは甘いかもしれないけど・・・
そのくらい許そうよ。・笑

これ映画化したら面白いと思ってたら・・決まってました。
10年に全国東宝系で公開予定。堺雅人、竹内結子主演



かつては家へ帰る道があった
かつては家へ帰る道があった

眠れ 愛しい女(ひと)よ 泣かないで
子守歌を歌ってあげるから

安らかな眠りが君の瞳をふさぐ
目が覚めたら微笑みが戻るだろう
眠れ 愛しい女(ひと)よ 泣かないで
子守歌を歌ってあげるから

かつては家へ帰る道があった
かつては家へ帰る道があった

眠れ 愛しい女(ひと)よ 泣かないで
子守歌を歌ってあげるから
スポンサーサイト

コメント

 haru : 2009/04/12 (日) 14:21:13 修正

ぶらちゃん、こんにちは。
今掃除途中5分休憩です。
え?映画化?
え?堺くん?
もう予約。
鬼が笑っても、もう予約しておきます。
身体あけておいてね。
で、堺くんはどんな役?
読まなくちゃ!!

haruさんへ ぶらうん : 2009/04/20 (月) 19:16:11 修正

haruさん、コメありがとうです。
お返事遅くなってごめんなさい。

堺君主演だと聞いてharuさんの顔が浮かびました。・笑
彼ってとっても売れっ子だよね。
ジェネラルルージュも良かった。
彼の役はちょっとカッコイイ普通の男の人。
相手役がイメージと違うような。
来春公開かな。
楽しみにしておきましょう。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。