スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕が僕であるために



生きる事に不器用で彷徨っていた頃出会ったのが彼だった。

不器用の代表選手のようだった。

怯えたような瞳に惹かれたのかもしれない。

好きなる人はその当時の自分を映している。

スポンサーサイト

コメント

 ぽこ : 2009/03/27 (金) 10:48:17 修正

ぶらちゃん こんにちは
ぶらちゃんとワタシは年齢が近いから
同じような時に尾崎豊を聴いていたのかな

彼の歌を聴いていた頃は
いろんなことに悩んでたなぁ・・・
でも よく考えたら
ワタシ いつも悩んでる(笑)
その時によって悩んだり考えたりすることは
まったく違うけど
いつも悩んでるよ・・・
つねに心の中に漠然とした不安がある

ワタシがワタシであるために。。。
って よく考えたものです
ごめんねわけわかんないこと書いてます^^;

>好きなる人はその当時の自分を映している

ぶらちゃんが今大好きな彼は
ぶらちゃんのどんな姿を映しているのかな

ぽこちゃんへ ぶらうん : 2009/04/01 (水) 08:08:20 修正

ぽこちゃん、おはよう。

お返事遅くなってごめんね。
ぽこちゃんとは尾崎の話以前もしたよね。
私が彼のファンでいた期間は短かったけど
忘れられない人です。

彼と会ったのは高校一年のとき
とっても迷う出来事があって
許す事が出来なくて・・・
苦しかった
そんな中での出会い。

彼も迷っているように見えて
自分だけでない
そんな安心感みたいのがあったのかも

不安が無い人はいないんじゃないかな?

年齢と共に痛みに鈍感になったのか?
少しは不安である事に
怖さみたいのは薄くなった気がする
それもどうなんだろうね?・苦笑

ぽこちゃん

あなたは
今のあなたでいいのです。


私の今の彼は
優しくて
とっても強い人
だから私も頑張れるの

無理しない頑張れる人でいたいなぁ
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。