スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PARIS

paris 2

ここ数年突然パリ好きになった私。
今まで敷居が高くて自分との接点を感じられなかったのですが・・・
BHの「パリイ」写真集を見てからガラッと変わりましたねぇ~・笑

しかし日本人はパリ好き?
終日満員御礼が出ていたようです。
2時間10分ちょっと途中何度かを意識を失いましたが・苦笑
パリの日常が感じられる作品です。

いつか訪れたい大人の街です。

原題:Paris
監督・脚本:セドリック・クラピッシュ
製作:ブリュノ・レビ
撮影:クリストフ・ボカルヌ
美術:マリー・シュミナル
音楽:ロイク・デュリー、ロバート・バーク、クリストフ・ミンク
製作国:2008年フランス映画
上映時間:2時間10分
配給:アルシネテラン

あらすじ
病に冒された元ダンサーのピエール、弟を案じて同居を始めるシングルマザーのエリーズ。
彼らのアパルトマンのベランダから見えるパリの風景はいつもと変わらなく人々は日々を懸命に生きている。ピエールの向かいに住む、美しいソルボンヌの大学生、彼女と関係を持つ歴史学者、彼の弟で「お前は普通すぎる!」と言われ悩む建築家、エリーズと恋に落ちるマルシェの八百屋、いつも文句ばかり言っているパン屋の女主人、日々を刹那的に楽しむファッション業界の女たち、カメルーンからの不法移民・・・ピエールには、街中で営まれている人々の営みがとてつもなく貴重で美しいものに感じるのだった―


単調な毎日を過ごしながらも
人は何かを抱えて生きていく
ピエールがベランダから見ている人々の姿はほんの一面でしかない

死への恐怖に脅えながらも
彼には支えてくれる家族がいる。

身近な人との暖かなシワセは気が付きにくいもの

わたしにも

あなたにも

きっとある

やさしいシアワセ。

フランスで大ヒットした作品のようですが・・・
私この手の人間が交差するヒューマン系大好きです。
なので残念ながら目新しさは感じられず
多すぎる登場人物を把握出きるまでの前半が長すぎで疲れました。
ストーリーより
パリの街並みを観光客気分に楽しめます。
DVDになったらもう一度観たい作品です。
★★

paris.jpg

こちらのサイトでプチ観光できます。
美しい写真もお借りしました。

ロケ地めぐり

スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。