スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BE KIND REWIND 僕らのミライに逆回転



映画っていいよなぁ~

単純にそう思えて

笑えて
ウルウルする作品でした。


ダイスキな映画『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリーの新作です。

笑いのセンスが無いので(お笑い系のTV番組見ません
コメディは苦手なのですが・・・
これは大丈夫でした。・苦笑

この映画を観ていて
少女期に本が好きで読み漁っていて
学生時代演劇部で演じる楽しさを知り
真っ暗の劇場のスクリーンを見つめるワクワク感に一杯になり始めた
そんな15歳の自分を思い出していました。

ミア・ファローが出ていたからでしょうか
カイロの紫のバラ(1985) - goo 映画

この映画が好きで
その好きだった頃の自分も思い出します。

映画って目の前の作品だけでなく
観る人が持つ人生観なども(大げさ^^;;
映し出させてくれる

思いがけない自分にも出会えたり

見つめてるスクリーンの奥に何かを探し続けたりもしてる

その期待感にワクワクし続ける

だから映画を観るのが好きなんですよねぇ。^^


映画の中ではゴーストバスターズなど
ハリウッドの大作映画を主人公たちが手作りでリメイクする
マジかよと思いたくなる様な展開
けれども転がってる段ボール箱がスクリーンの枠になるような
お粗末だけど
温かいぬくもりを感じさせてくれます。

著作権の問題など
多分今映画の世界の人が抱えてる問題も盛り込まれ

最後は映画は誰のも?
作り手の思いを観る側に届いた瞬間かしら?
ニューシネマ~のパクリのラストに込められているんでしょうね。

大作でCGで作られたハリウッド映画より
作っている人の顔が見えそうな
そんなミニシアター系の映画好きなので

くだらないけど
久しぶりにクスクスと笑え
お決まりの終わり方に
うるっと来ました。

原題の「Be Kind Rewind」は、VHS全盛期、
アメリカのレンタルビデオ店のキャッチフレーズで、
「巻き戻してお返しください」の意味だそうです。
もう少し邦題 何とかならなかったのかしら?

きっとあの彼も好きな作品でしょう。〈期待を込めて
★★★★

映画館ガラガラだったのが残念です。


スポンサーサイト

コメント

 猫ママ : 2008/10/28 (火) 17:25:10 修正

ブラウンさん こんにちは~

いつも ご紹介ありがとうございます~~

ブラウンさんは 文学少女だったのね!!v-206
15歳ですかぁ~~夢見る夢子ちゃんだったのかな?うふふ・・

冒頭から流れる ゴーストバスターズの音楽といい
ロボコップ等々・・とっても懐かしいね~~
私も子供達と観ていましたよ。こういうの大好きだったのよ。
今の時代を逆行してるようで ほのぼのとしてとても楽しそうな映画ですねv-221

最近では CG使いまくりのドッカン、ドッカンと激しい映像が多い中、
こうした 温かい映画もいいですよね~
なかなか行けませんが・・・
あら~映画館がらがらだったんですか?v-12 
面白そうなのにね~~

彼もきっといっぱい観たに違いないでしょうね?
私も 期待を込めて・・・

↑ そうそうトニー・レオンさん 金城武さん出てたね~~
この三国志の映画も楽しみです!!v-221 

猫ママさんへ ブラウン : 2008/10/29 (水) 01:10:32 修正

猫ママさん、コメありがと~です。
小学校高学年から中学生にかけて
思春期の悩める時に本をよく読みました。
根暗なんですよ。
そのせいか 今でも夢は見続けていますよ。・苦笑

猫ママさんも読書の秋 進んでますか?
私は最近全く読んでないです。
娘が借りてきた漫画くらいしか読んでないかも。
面白そうな本がネタ切れなんです。
図書館に行かなくちゃ。

11月は観たい映画沢山あって
時間の捻出に頭痛いです。

彼も忙しいのに沢山映画観てますよね。
負けないように頑張りましょう。

レッドクリフはず~~と以前からチェックしてので
とっても楽しみです。
でもまだ第一部なんですよね。
それも良い所で終わるらしい。

感想書くつもりなのでお付き合いくださいませ。
いつも本当にありがとうです。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。