スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいせつなこと

まほうつかいのでし―ゲーテのバラードによる (日本傑作絵本シリーズ)まほうつかいのでし―ゲーテのバラードによる (日本傑作絵本シリーズ)
(1995/08)
上田 真而子斎藤 隆夫

商品詳細を見る

今年から小学校で絵本の読み聞かせをしています。
息子が6年生でこれが最後のチャンス 
朝のほんのひと時を楽しく過ごしてます。
と言っても仕事や学校の役員も受けているので
読む回数は1学期に3回くらい

息子の学校では金曜日が読み聞かせの日
今週は1年生が対象
ふたりペアで一冊づつ読むのがパターン
今週は私が当番でした。

時間ギリギリに学校に着いたのにペアの相手がなぜかいない。
一冊しか持参してなかったので
隣のクラス担当のお友達に余分の本を借りて
急遽2冊読むことになりました。

持参した本が↑「まほうつかいのでし」
これってミッキーの魔法使いの弟子の元のお話
後で気が付きました。・苦笑

魔法使いの弟子が先生が留守をいい事に
勝手に魔法を使い
大変な目に合うというストーリー

ハロウインももうすぐだから
魔法使いの題材は時期的にピッタリだよね。
読み聞かせの後の反省会で他の方に言われて
なるほど~と思いました。
そんな深い考えは無く たまたま図書館で手に取ったんですが・・・

家で息子相手に3冊の中から一番評判が良かった
この本にしたのですが
1年3組の子供たちも次はどうなるの?
と期待しながら聞いてくれてました。

もう一冊が「もりのかくれんぼう」
これが以外に長くて
はじめて読んだのでボロボロ^^;;
それでも静かに最後まで聞いてくれました。

こんなドキドキ 何年ぶり?
心臓によくなかったです。

息子も6年生になり
宿題や遊びに忙しく
母も母でコソコソパソコン遊びをしていて
子供と一緒に本を読む時間なくなってきてました。

必要に迫られての怪獣君との甘い時間
これからも楽しみたいです。

たいせつなこと (ほんやく絵本)たいせつなこと (ほんやく絵本)
(2001/09)
マーガレット・ワイズ ブラウンレナード ワイスガード

商品詳細を見る


3冊選んだ中のもう一冊
これも有名な絵本ですよね。
最後のこの部分が好きです。

たいせつなこと 伝わってるかしら。


あなたは あなた

あかちゃんだった あなたは

からだと こころを ふくらませ

ちいさな いちにんまえに なりました

そして さらに

あらゆることを あじわって

おおきな おとこのひとや おんなのひとに

なるのでしょう

でも あなたにとって

たいせつなのは

あなたが

あなたで

あること

スポンサーサイト

コメント

おおお・・ドキドキ haru : 2008/10/25 (土) 00:51:13 修正

ブラウンさん、こんばんは。
そりゃ、ドキドキでした。
お疲れ様。
でもとっても楽しそうだわ。(笑)
私もだいぶ前に読み聞かせに行っていたのを思い出しました。
なんかいろいろ脚色しちゃったり、
説明しちゃったりする
読み手としてはどうかな・・(^_^;)
っておばさんでした。
でも、みんなこっちを見てくれて
いろいろ茶々入れながらも聞いてくれて
楽しかった記憶があります。
子供も大きくなっちゃって
もうそんな時間はない。
今のうちにいっぱい楽しんでくださいね~。

管理人のみ閲覧できます - : 2008/10/26 (日) 08:13:18 修正

このコメントは管理人のみ閲覧できます

haruさんへ ブラウン : 2008/10/28 (火) 05:20:26 修正

 haruさん、コメありがと~です。
久しぶりのドキドキ感を楽しみました。
お相手の方一週間違えてたようですっかり忘れてたと電話で謝ってました。
代表の方なのに。・苦笑
でもこのくらいの事では楽しめちゃう。
おばさんなので神経太くなったのかな。
読み聞かせに脚色しちゃうの?
一応マニアルがあってそれに沿って読んでます。
家だとゆっくりなのに早口になっしまったり
本番はいろいろありますね。
じ~~と真剣に見つめられるのは一種の快感です。
キラキラ輝く瞳
一年生だから余計かな。
この甘い時間もあと少しなんですよね。
楽しみますね。
 

非公開さんへ ブラウン : 2008/10/28 (火) 05:22:33 修正

非公開さん、コメありがと~です。
学校によって学童って全然違うのね。
家の子の時は先生にお任せで親の出番は無かったですよ。
一日指導員は大変そうね。

非公開さんは緊張しちゃうのね。
私は人前で自分の意見を言ったりするのは苦手だけど
決まった事を読むだけならOKだわ。
学生の時映画館でバイトしてて
アナウンス大好きでした。

子供たちが本の世界に浸ってる姿
とってもいいよねぇ~。

「たいせつなこと」
改めて読み返してたら
ジ~~ンと来るものがありました。
本木婦人のうちだややこさんが訳をされてました。
機会があったら是非本を手にしてみてください。
最初から読むと最後でジ~~ンだから。
説明が下手でごめんね。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。