スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EternalSunshineOfTheSpotlessMind

エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディションエターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
(2005/10/28)
ジム・キャリーケイト・ウィンスレット

商品詳細を見る

この映画は別れた恋人の記憶を消してしまおう
かなり荒療治な手法により
大切なことに目覚めていくお話です。

詳しいストーリーはこちら

人はその人の何に目を向け心惹かれるんだろうか

外見や趣味や思考など
表向きに分るものでなく
その人の核たるもの
永遠に変わらないものに引き寄せられるのでは

男と女
恋愛に限定したものでなく

sukiって感情は内側から生まれてくるもの
そう・・・心と心が惹かれる


夢見る夢子の私は

生まれ変わって変わらない

出会うべき人

運命の相手

ソウルメイト 

そう言ったものに惹かれます

この映画の趣旨とは違うんでしょうが
ふと この事が頭に浮かびました。


そして映画中盤に出てくる

イギリスの詩人アレキサンダー・ポープの詩

幸せは無垢な心に宿る
忘却は許すこと
太陽の光に導かれ
陰りなき祈りは運命を動かす

辛い過去を消し去っても
新たなものは生まれない

消し去ったつもりの記憶も
真っ白にはならい

人と人は違うものなのだから
ぶつかり傷つくのは当たり前

それを許す事で

新たな運命が開かれるのでは

とっても前向きにさせてくれる映画です。


内気で自己表現が下手くそなジョエルに感情移入した私ですが

恋をすると

今まで知らなかった自分に出会え

楽しくもあり不安にもさせる

昔の恋を思い出し

胸が痛くなりました。

でもそんな相手にめぐり合えたから

今の自分になれたのです。


初見は古くからのブログのお友達の紹介で2年前に観て
かなり感激にしてお気に入りにしてたのですが
詳しい感想を書いてませんでした。

先月ミシェル・ゴンドリー監督の新作「TOKYO」を観て
その際お友達に勧められたのが「恋愛睡眠のすすめ」
これも面白かったのですが
「エアターナル・サンシャイン」を無性に思い出す結果になりました。

過去と未来が入り混じっていて
多分 初回は分り切っていなかったような・苦笑

どうも 髪の毛の色で時代の流れを掴むのがコツのようです。

今回も一回観て ストーリーを再確認して
2回目に観たのがとってもよかったです。


夢見る夢子さんにお薦めする恋愛映画です。
★★★★★


脚本・製作が同じ「マルコビッチの穴」も面白かったです。
脳の不思議な体感を望む方にお薦め
★★★★

スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。