スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男と女

男と女 特別版男と女 特別版
(2007/12/07)
アヌーク・エーメジャン=ルイ・トランティニャン

商品詳細を見る

久しぶりにレンタル屋さんに行くとなんと半額ディ~
さっそく張り切って5本もレンタル
その中の一本がこの「男と女」
詳しくはこちらから。。。(この記事も面白いです。)

カンヌ映画祭パルムドールに輝いた恋愛映画です。
音楽は誰もが一度は聞いている有名な曲
全編に流れる音楽はストーリーとも絡んでいて
あれ?ミュージカル?と思えるほど

愛すべき伴侶を亡くした男と女
子供の宿舎の送迎時に知り合う
美しい女に一目で恋に落ちる男
でも女は消極的
それでも
恋に落ちていく

単純明瞭なストーリーなのですが
映画前半から かなり私好みな作品です。

男はすんなりと次の恋に移れるのに
女は愛した男がなかなか忘れられない

突然の事故で失った愛する人

目を閉じれば
二人が愛し合った瞬間を思い出させる

女のご主人だった人が実に魅力的
情熱的に愛を唄で奏でる

幸せだったのね・・・・

それでも人は愛を求めてしまう

自然に彼に惹かれていく

初めて彼に抱かれた時
亡くした旦那さんを思い出して表情が強張り
幸せだった時の映像が流れる

言葉は無くても
女の心情が男にもわかってしまう

このシーンが印象的

予算の関係で室内のシーンはモノクロ
屋外はカラーで撮影をしてるんだけど
それが見事に美しい

ロングショットも多く
老人と犬が海辺を歩くシーンも語ってる

パリの街
レーサーの男の走り
ばっちりメイクの美しい女

時折見せるクローズアップがお見事

40年も前の映画なのに古さは感じない
お薦め度★★★★
一度観ていいかなぁ~

スポンサーサイト

コメント

 haru : 2008/08/31 (日) 16:01:24 修正

ぶらちゃん、大変。
私、この映画異常に好き。
なんでだろう・・・録画したの思い出させてくれてありがとう。
この抑圧的な感じがたまんないんだろうな。

 kokoro : 2008/09/02 (火) 23:46:52 修正

いいよね~ほんと、これ。(しっかりと握手)
私はこの映画は映像が特に好きでした。
無駄がないよねえ・・美しいよねえ。

>老人と犬が海辺を歩くシーンも語ってる
うんうん、そのとおり・・・。
個人的にはね、のシーンが一番のお気に入り。

ここでこの記事に出会えてなんだかウレシカッタヨ。

haruさんへ ブラウン : 2008/09/09 (火) 05:39:57 修正

haruさん、コメありがと~
お返事が恐ろしく遅くなってごめんなさい。

この映画に堕ちるポイントってなんだろうね。
でも録画していて憶えていたharuさん偉いは~
一度観た作品を再びレンタルして観始めて
アレコレ観たぞと気づく私なので^^;;

古きよき作品は色あせないんだろうね。

kokoroちゃんへ ブラウン : 2008/09/09 (火) 05:53:06 修正

kokoroちゃん、コメありがと~
お返事遅くなってごめんね。

あら~久しぶりにkoちゃんと握手出来て嬉しいわ~
あ!この映画sukiだわと思える瞬間
何ともいえない気持ちになれるよね。
その為に映画を観続けるんだろうな

海辺のシーン、ぐ~だよね。
犬が老人にまとわりつきながらも
歩き続けるのがイインダヨネ。
人生を物語ってる。

koちゃんのコメを見た瞬間ウレシカッタよ。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。