スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近まで観た映画

鍵泥棒のメソッド(舞台挨拶付き)新宿バルト9

上映前に主演4人と監督での舞台挨拶を観ることが出来ました。
テーマは「胸きゅん」ということでお一人ずつ語っていました。
めちゃくちゃ可愛い広末ちゃん
オオボケの堺君
経験豊富な香川さん
上映中クスクスが絶えない作品でした。
ムネキュンは永遠のテーマだわ。(笑)
大収穫は広末ちゃん・・・女優してました。
前2作よりひねりが少ないようですが十分に楽しめました。


夢売るふたり

「ゆれる」の西川美和監督作品と言うことで初日のレイトショーで鑑賞しました。
言葉にしない女の怖さ、嫌らしさを松たか子がこれでもかと演じてくれます。
男って無邪気というか無神経なんでしょうか?
円満な夫婦が壊れていく過程は胸が痛くもありました。
リアルさよりもお伽話のような演出は観終えた後に残ります。




「プンサンケ」

昨年の映画祭で観損ねた作品をやっと観れました。
最後まで無言のユン・ゲサンは最後まで惹きつけられましたが
でも期待が大きすぎたのか・・・
私の理解力が不足なんでしょうが
相手役がキムナムギル「美人図」の女優さんなのが今一つのような。
ブラックな笑いは韓国作品らしかったです。

「屋根裏のマリアたち」

予告を観て期待していた作品でしたが・・・残念。
お金があるだけが幸せではない
自由ほど生きていく上で大きな価値のひとつだと思うのです。

かぞくのくに公式サイト

重い作品なのですが観て良かったと思います。
実体験をもとに描かれた作品
語れないことがもっと沢山あるようですね。
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。