スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PALERMO SHOOTING

20220917

英題: PALERMO SHOOTING
製作年: 2008年
製作国: ドイツ/イタリア/フランス
日本公開: 2011年9月3日
上映時間: 1時間48分
配給: boid
カラー



ヴィム・ヴェンダース監督と故デニス・ホッパーが、『アメリカの友人』以来となるタッグを組んだ生と死をめぐるロードムービー。イタリアのパレルモで人生を変える体験をしたカメラマンが、正面から死と対峙(たいじ)する姿を描く。主演は、ドイツの人気バンド「ディー・トーテン・ホーゼン」のボーカル、カンピーノ。相手役を『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』のジョヴァンナ・メッツォジョルノが好演する。人生の光と影を映し出した重厚な物語に引き込まれる。

自分自身を見つめ生と死について考えたりするのが好きな
ナルがある方は好きな映画ではないでしょうか(笑)

私はロードムービーはとてっも好みです。
「イントゥ・ザ・ワイルド」は号泣でした。
「サン・ジャックへの道」「ダージリン急行」なども良かったです。
美しい風景は気持ちを柔らかにしてくれます。

自分で自分に問いかけ映画の中で答えは出なくても
答えを探し続けていく過程が好きなんでしょ

本作は事前情報を入れないで観たのですが・・・
予告を観た際に音楽が好みくらいでした。

実際全体を通しても音楽の存在感ありましたねぇ~


何事にも終わりがある

これが最後になるかも

そんな考えを頭の隅にいつも持っています。

目に見えないものを信じたいけど

強い心が必要です。


単館では勿体無いと思ってたら、これから各地で上映されるようです。

スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。