スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き残るための3つの取引

不当取引


英題: BAD DEAL
製作年: 2010年
製作国: 韓国
日本公開: 2011年4月29日
上映時間: 1時間59分
配給: CJ Entertainment Japan



『相棒 シティ・オブ・バイオレンス』の韓国の奇才、リュ・スンワン監督が挑んだ社会派サスペンス。ある連続殺人事件に関係する刑事や検事、そして裏社会の男たちが自らの生き残りを懸けて奔走するドラマをスリリングに描く。不運な刑事を、『黒い家』のファン・ジョンミン、彼と敵対する検事を、『クライング・フィスト』のリュ・スンボムが熱演する。各々の思惑が絡み合う、命懸けの戦いに血がたぎる。

公開してすぐ銀座にて鑑賞したのですが
どう書いてよいのか迷って今に至ってしまいました。

昭和の匂いが残る銀座シネパトスにはぴったしな?
韓国映画らしい作品なんでしょう。

悪魔を見たと同じ脚本家というので期待半分不安半分でしたが

とても練に練った作品。

見終えた後の後味の悪さ

負の連鎖で誰もが泥沼に沈みこんでいく過程には引き込まれるものがありました。

お見事なんでしょう。

きっと韓国映画を見慣れた方には面白いんでしょう。


これを面白いと語れるようになりたい(笑)

韓国映画奥が深いです。

お誘いくださったお友達ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。