スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロッシング

クロッシング
北朝鮮・咸鏡道の村に暮らす平凡な男ヨンス(チャ・インピョ)は、妻(ソ・ヨンファ)の病気を治す薬と食料を求めて中国へと渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまう。そんな中、11歳になる息子のジュニ(シン・ミョンチョル)は、父親を探す旅に出る。父子を待ち受ける過酷な運命とは・・・。

『クロッシング』(朝: 크로싱、英: Crossing) は、2008年の韓国映画。

2002年、脱北者25人が中国当局の警備をかいくぐり、北京のスペイン大使館に駆け込んだ事件をモチーフにしており、4年間の企画・製作期間を経て公開された。家族のために薬と食糧を求め北朝鮮を去った父と、父を探しに出た11歳の息子の切ないすれ違いを描く。脱北者問題を取り扱った映画であるため、ロケは中国、モンゴル、韓国にて秘密裏に行われた。公開後、韓国の国会でも試写が行われた。

本作の公開中、映画監督イ・グァンフンは、本作が彼による脚本『人間の条件』の著作権を侵害していると主張し本作の上映禁止仮処分を求めたが、ソウル中央地方裁判所はこの申請を棄却した[1][2]。本作を第81回アカデミー賞外国語映画賞の出品作に選出していた韓国映画振興委員会は、裁判で本作の著作権侵害が認められた場合、別の作品を出品するとしていた[3]。

日本では、シネカノンの配給により『クロッシング 祈りの大地』の題で2009年春に公開予定であったが中止され、別会社により約1年遅れの公開となった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

韓国と日本はこの数年で距離が短くなりぐっと身近な関係になったけど
そのお隣の北朝鮮は遠く怖い国。
ときおり目にする強い口調でのニュース映像
その国が未だに抱える問題はお隣の国としては避けられないものだとわかっていながら
何をしてよいのか分からない現状。

多くの人が飢餓や武力のもとで命を落としている
これは大昔の話してなく今現在なんて・・・
拉致事件が大きく日本でも取り上げられた時
障害がある息子などあの国では生きてはいけないと思ったものです。
平和ボケしてる私でも無理でしょう。

この映画は過酷な状況のもと
韓国へ自らの意志ではなく脱北した父を捜しに行く息子の物語

両親に愛され育った彼が厳しい荒野の中当てもなく歩んでいく中
初恋の女の子と再会して
彼女を必死に守ろうとする
自転車の後ろに乗せかの世の命が消えゆく様子に切なくなる

キム・テギュン監督は『火山高』(2001)『オオカミの誘惑』(2004)『百万長者の初恋』(2006)等
トレンディー映画を撮られてた方なのが驚きです。

リアルさを求めるのではなく脚本は現実を抑えめに表現しているそうで
観る者が嘘だろうと片づけられなくなる胸に残る作品になっている。

観てよかった。

是非ご覧になる事をお薦めする映画です。





スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。