スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラドックス13

パラドックス13パラドックス13
(2009/04/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


「世界が変われば善悪も変わる。
人殺しが善になることもある。
これはそういうお話です」東野圭吾


破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。
なぜ彼らだけがここにいるのか。
彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。
生き延びていくために、今、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解かなければならない!

あまり内容を知らずに読み始めた本作

なんでこんな時期に読んでしまったのか途中少し後悔さえ感じながら
一気読み終えてしまいました。

地震と大雨による自然災害で街は壊れていくさまは
被災地を彷彿して
読んでいて辛くなる部分もありました。

極限の状況下

運命のいたずらで選ばれた13人

人として模範的な人物もいればその逆もいて

悪が善になってしまう


生きるってどんな意味を持つんだろう


生きることに拘りをもった者より

執着しない者が生き残っていく

ラストはどんなメッセージが込められたのか・・・


時として周りに流されたそんな日々を過ごしていると

これでいいのか?

これでもいいんだ

そんな心の内を覗きこまれた

そんな作品でした。

スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。