スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べて、祈って、恋をして

tabete


英題: EAT,PRAY,LOVE
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年9月17日
(TOHOシネマズ有楽座 ほか)
上映時間: 2時間20分
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー







世界中の女性から絶大な支持を受けるエリザベス・ギルバートの自伝的ベストセラー小説を、ジュリア・ロバーツを主演に迎えて映画化した人間ドラマ。ジャーナリストとして活躍するヒロインが離婚と失恋を経て、自らを立て直すために出た旅の日々を描く。ヒロインの人生を変える男性に『ノーカントリー』のハビエル・バルデムがふんするほか、『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコらが共演。イタリアやインド、バリ島でロケを行った美しい風景も見どころだ。


自分探しの旅にご都合主義な展開は否めない作品ですが・苦笑

自分の人生このままでいいのか?と漠然と考えるときありませんか?

王様のブランチで特集を見て気になってレンタルして自宅で鑑賞しました。

気になる言葉が散りばれられていて原作がイイのかしら(笑)

大好きなバリの田園風景や美味しそうなイタリア料理

気楽に観れる映画でした。

日々雑念に追われ、無になって考えるのは意外に難しく

「頭にある目で見るのではなく、心の目で物を見るようにしなさい」

なるほど~と思えた言葉のひとつでした。


食べて祈って恋をして

娘がチラッとハビエル・バルデムを観て
この濃さはあり得ないと言ってました。

でもモテ男役多いし・・・実生活も華やかですよね。(笑)
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。