スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路上のソリスト

作品データ
001.jpg

公開
アメリカ:2009年4月24日
日本:2009年5月30日
上映時間:117分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語
製作費:$60,000,000
興行収入:$32,437,303

概要
『路上のソリスト』は2009年に劇場公開されたハリウッド映画作品。
ロサンゼルス・タイムズの有名コラムニスト、スティーヴ・ロペスが書いた実話を、英国の新進気鋭の監督ジョー・ライトが映画化しました。
アカデミー俳優ジェイミー・フォックスが、路上の天才チェリストを演じます。

あらすじ
ロサンゼルス・タイムズのコラムニスト、ロペスはある日、べートーヴェンの銅像のある公園でヴァイオリンを弾くホームレス、ナサニエル・エアーズに出会います。彼の持つ楽器には、2本しか弦がありません。
ロペスは彼の演奏する音楽の音色の美しさひかれ、コラムの題材としてナサニエルの取材を始めます。
ナサニエルはかつて将来を嘱望されたチェロ奏者でジュリアード音楽院の学生でしたが、精神に疾患をきたし、夢を閉ざされた過去がありました。
そのことを知ったロペスはナサニエルを必死に更生させようとしますが、やがて彼の善意は、思わぬ結果を導きます。(公式サイトより



劇場で観たかったのですがやっとDVDで鑑賞できました。
ナサニエルの様子が息子と被るところがあり
かなり考えさせられる作品でした。
息子は統合失調症の予備軍
社会性の欠如がこの精神疾患の特徴なのですが
当たり前のことが出来ない辛さが他人事ではなかったです。

人との繋がりを描いたこの作品

ロベスの善意で始まった友情が結果としてナサニエルを苦しめます。

幸せの形は様々で
何を求めているかは本人次第

形ではなく心の豊かさは目には見えないもの

善意にはエゴがあってはならない

あくまでも相手の幸せを願うもの

難しいなぁ

友情とはなんであろうと

考えさせられました。

相手を尊重し思いやれば大丈夫

そんな甘い考えが最近まであったのですが・・・

人を求めるのは自然な欲求でしょう

自分を分かってもらいたい

こんな自分を分かってもらえるんだろうか?

そんな不安もあります。

あ~~答えが出ない。

まぁ原作も映画も進行形で答えが出てなかったからいいかな(苦笑)

音楽はまるで知りませんが弦楽器の音色が好きです。

ロスのハイウェーが交差するシーンを仰ぐ場面が印象的でした。

劇場で観たかったなぁ。


スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。