スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する時に去れ

拍手する時に去れ [DVD]拍手する時に去れ [DVD]
(2008/03/05)
チャ・スンウォンシン・ハギュン

商品詳細を見る


『トンマッコルへようこそ』の原作&脚本を手がけた韓国の人気劇作家チャン・ジンが挑むシニカルなクライム・コメディ。48時間テレビ生放送の「殺人事件捜査ヴァラエティ」という奇想天外な発想から生まれた自作戯曲を映画化、韓国で観客動員250万人を突破するヒット作となった。容疑者と検事の真っ向対決に、ホテルのベルボーイや支配人、ガソリンスタンドの店員、日本人夫婦、盲目のマッサージ師といった個性的な証人が次々と登場、事件は混乱を極める。ヨンギ検事役のチャ・スンウォンと、容疑者ヨンフン役の“チャン・ジン組”シン・ハギュンが繰り広げる、冒頭の10分間に及ぶ尋問シーンをはじめとする、ふたりの白熱の演技合戦は必見!




チャン・ジン監督インタビュー

一度ではつかみきれない面白さがある作品なのか?

もう一度観なくちゃと思わせる作品でした。

元は舞台作品を映画化

冒頭のカメラワークは度肝を抜かれました。

好きだわ。

でも、何と言っても・・・

シン・ハギュン氏の演技の素晴らしさが特質

「コウモリ」の時も印象深かったけど

この人にしかできない演技

惚れるというより尊敬しちゃう?


そして、ラストのどんでん返しは

チャン・ジン監督ならではなの?

もっともっと観たくなる

癖になる。




以前からお友達にチャン・ジン作品の素晴らしさを聞いていたのに

まったく分かっていなかったようです。

さて次は何にしようかな。


スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。