スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

原題:Vengeance 復仇
監督:ジョニー・トー
製作:ミシェル・ペタン、ロラン・ペタン、ピーター・ラム、ジョン・チョン、ワイ・カーファイ、ジョニー・トー
脚本:ワイ・カーファイ
撮影:チェン・シウチョン
美術:シルバー・チャン
編集:デビッド・リチャードソン
音楽:ロー・ターヨウ
製作国:2009年香港・フランス合作映画
上映時間:108分
配給:ファントム・フィルム
オフィシャルサイト

ジョニー・トー作品を劇場で見たのはこれが初めてです。
弾丸を体中に浴びせられるような感覚
実は大好きなんだなと再確認。

風のざわめき
ちらつく蛍光灯の灯り
海のきらめき
子供たちの歓声
狭い路地の香港
美しい町並みのマカオ
スローモーションの銃撃戦

降りしきる雨・・・雫

乗りかかった船からは決して下りようとはしない男たち

男の美学

なんだろうね。

逃げ惑う雨の中

薄れ行く記憶

握り締めたポラロイド写真と街行く人々と照らし合わせ

仲間を探す姿は泣ける・笑


残念なのは

ラストショットがいまひとつでずっこけた感が・・・

もっと抽象的なラストが余韻がある

映画テンポがスロー過ぎ

途中でこの先を考える猶予がないほうが面白いのに。



20年以上前 香港映画に嵌ったきっかけは「恋する惑星」でした。

その後 チュウ・ユンファに嵌り

「男たちの挽歌」シリーズを飽きるまで観たような・・・

最近まったく観てなかったので懐かしい

香港ノワール

やっぱり映画っていいよなぁ~

さて 前作エグザエルも観てない愚か者

レンタルで観なくては。

楽しみだわ~







スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。