スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9地区

原題:District 9
監督:ニール・ブロムカンプ
製作:キャロライン・カニンガム、ピーター・ジャクソン
製作総指揮:ケン・カミンズ、ビル・ブロック
美術:フィリップ・アイビー
音楽:クリントン・ショーター
編集:ジュリアン・クラーク
製作国:2009年アメリカ映画
上映時間:111分
配給:ワーナー・ブラザース映画、ギャガ
オフィシャルサイト

南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年製作の自作短編「Alive in Joburg」を長編として作り直したSFアクションドラマ。1982年、南アフリカ上空に突如UFOが飛来。政府は不気味な容姿をした異星人を難民として受け入れるが、やがて彼らの特別居住区「第9地区」はスラムと化す。2010年、難民のさらなる人口増加を懸念した超国家機関MNUは難民を「第10地区」に移動させる計画を立てる。



未だ月にはウサギが居るんじゃないかと思う夢見る私
SF映画は全く観ません。
たぶん「ET」以来かも
彼がこの作品名を口にしなければ目にする事は無かったでしょうね。

息子が珍しく観たがったので一緒に鑑賞して来ました。
ちょっと失敗したかと思うほど かなりグロイです。
字幕だったのに最後まで真剣に観てたので面白かったんでしょう。


なんせ 製作は「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン
この情報だけでの鑑賞で 正直驚きました。
宇宙人が難民になり地球に暮らすなんて・・・

宇宙人の姿は恐ろしいほど醜い
人は見かけではない
道徳の教科書だけの世界だと分かっていても暗黙ですよね。

エレファントマン思い出すわ~(この映画も好きです

志の低い平凡な男が事件に巻き込まれ
死にもの狂いで戦っていく
自分が撒いた種でエイリアンになっていく

助けてくれたのは人間ではない

皮肉です。

途中ちょびっと寝ちゃったのですが・・・
戦闘シーンとか興味ないの・苦笑

宇宙人をエビと呼び蔑む様子は人種差別を描いているんでしょうが

人の怖さを再認識させる作品でした。

低予算での映画・・・彼好みかな

ニュース仕立ての脚本は面白い

DVDになったもう一回観ます。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます - : 2010/04/25 (日) 21:42:59 修正

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さんへ ぶら : 2010/05/01 (土) 17:07:03 修正

彼が選んだ作品 
その訳を知りたいとは思わなかったの?

趣味でないのなら観なくていいと思う。

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。