スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生きるとは、自分の物語をつくること」

生きるとは、自分の物語をつくること
(2008/08)
小川 洋子河合 隼雄

商品詳細を見る

題名に惹かれて図書館で取り寄せた一冊です。

今わたしのマイブームな作家小川洋子さんと臨床心理学者河合隼雄氏の対談は興味深いです。

河合氏の本は子供の事で悩んだ時期に漁るように読んでいて
気持ちを落ち着かせてくれた忘れれない人です。
写真のお顔を拝見すると優しいおじいさん。
黙って包み込むように相談者の話を聞いてくれるんでしょうね。

二人の出会いは「博士の愛した数式」からはじまる。
この映画が私は小川さんの作品デビューでその後小説も読んだけど
好きな作品です。
偶然のようで必然の出会いのようなおふたり
人との出会いと別れは不思議な縁で繋がっています。

自分なりに物語を作る事で悩みや困難から抜け出せる

「生きることは、自分の人生をつくること」

小説家のようにドラマテックなものは作れなくても私なりに作ってみたい。



スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。