スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小川洋子の偏愛短篇箱

小川洋子の偏愛短篇箱小川洋子の偏愛短篇箱
(2009/03/11)
小川 洋子

商品詳細を見る

「この箱を開くことは、片手に顕微鏡、片手に望遠鏡を携え、短篇という王国を旅するのに等しい」小川洋子が「奇」「幻」「凄」「彗」のこだわりで選んだ短篇作品集。谷崎から田辺聖子まで。各作品ごとに書き下ろしエッセイ付き。



この本を読むきっかけになったのは桜庭一樹読書日記「お好みの本入荷しました」で桜庭さんが絶賛されていたから
本を選ぶ力が無い私は好きな作家さんや
いつも遊んでくれるお友達の読んだ本を参考にしています。

歪んだ愛の形が好きな私には興味深い本でした。

でもね・・・読みなれていない作家さんも多かったので半分くらいしか理解できなかったかも

短編の後の小川さんのエッセイを読みながら

もっと本を読み本の虫になりたい・・・そう思わせる一冊でした。

スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。