スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の映画


海角七号 君想う、国境の南

素朴な心温まる映画でした。

ちょっと昔の日本の下町を思い起すような町の人々

脇キャラが光っていただけに

主演の二人が私的にはNGでして・・・ゴホゴホ

あらすじを知ってから観ると感動できたかも

朗読の手紙の意味が掴み難かったです。

勉強不足でした。



「Dr.パルナサスの鏡 」

あらすじ
鏡で人々を別世界に誘う見せものが売りの、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)の移動式劇場はロンドンで大盛況だった。観客は博士の不思議な力で自分が思い描く、めくるめく世界を体験できるのだが、そこにはある秘密があった。トニー(ヒース・レジャー)はそのアシスタントとして観客を鏡の世界へと導く役目を担っていたが……。

娘のリクエスト一緒に鑑賞しましたがなかなか面白かったです。
撮影途中で亡くなったヒース・レジャーの代役を
三人の俳優が演じているのですが
それが以外にも演出効果になって飽きさせません。

欲望 願望 自分の中にはどんな世界があるのでしょうか

どんな登場人物が出てくるんでしょうか?

観終わってからアレコレ考えるのも楽しい。
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。