スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中のあなた

原題:My Sister's Keeper
監督:ニック・カサベテス
製作:マーク・ジョンソン、チャック・パチェコ、スコット・L・ゴールドマン
製作総指揮:ダイアナ・ポコーニイ、スティーブン・ファースト、メンデル・トロッパー、トビー・エメリッヒ、メンデス・フィン、マーク・カウフマン
原作:ジョディ・ピコー
脚本:ジェレミー・レベン、ニック・カサベテス
撮影:キャレブ・デシャネル
美術:ジョン・ハットマン
編集:アラン・ハイム、ジム・フリン
音楽:アーロン・ジグマン
製作国:2009年アメリカ映画
上映時間:1時間50分
配給:ギャガ

白血病の姉・ケイトを救うために、ドナーとして作られて産まれた11歳の妹アナは、ある日突然、「自分の体のことは自分で決める」と臓器提供を強いる両親を相手に訴訟を起こすが、その裏にはある思いが隠されていた……。

試写会で観ました。
泣けましたが悲しいというより
鑑賞後爽やかな余韻が残りました。
子供は親が思っている以上に
考えて生きている。
大人と子供でなく
人間として
共に悩み考えて行くことが大切と教えられた気がします。

諦められない母親
子供のためといいながら
自分自身が納得できなくて子供を苦しめてる
そんな場合もある

私自身
諦められなくて
周りを見失う時を過ごした事も有り
過去の自分を見ている感があり痛かったです。

諦めるって言葉は悪いけど
受け入れられる
そんな柔軟性が大切なんでしょうね。

音楽も良かったです。

悪い人が全くでてこない
出来すぎた感が気になりましたが

親子
兄妹

家族の絆ほど強いものはありません。
スポンサーサイト

コメント

寒くなってきましたね~ 猫ママ : 2009/11/05 (木) 09:19:07 修正

ぶらうんさん おはようございます。

遅くなりましたが 私も観たかった映画なので
行ってきました。
突然の訴訟を起こした アナ。 
最初はどんな展開になるのかと思っていたけど
辛くて切なくて・・・家族の絆が良く描かれて 凄く良かったですね。
そうですね。見終わってもほっとして爽やかな気持ちになりましたね

自分だったらどうするだろう・・と思いながら観ました。
諦められない気持ちと・また苦しくて辛い治療を・・?
そして アナの気持ちは?
ケイトにとって何が最善なのか・・
何が一番幸せなのか 凄く考えさせられました。

ケイトは人を愛する事も愛されることも知り
短い人生だったけど幸せだった瞬間も 救いでした。
そしてもっと家族の絆を感じたのでしょうね。
姉を思う兄弟愛も良かったです。
音楽もよかったですね!

人生長さじゃないね どう生きるかだよね。
幸せだったと言えるように。。
ケイト 安らかに・・・・



猫ママさんへ ぶら : 2009/11/16 (月) 21:02:54 修正

コメありがとうです。
お返事遅くなってごめんなさいね。

考えさせられる作品でしたね。
子供は着実に成長している

教えられてより
目にしたり経験する事の大切さ

自分だけでなく
家族や人と向き合って思いやることの重大さ
ケイトに教えられた気がします。

愛し愛される
シンプルだけど
人生の基本の様な気がします。

どれだけ悔いない人生を送れるか

愛しの彼を見ていても思い悩みます。

頑張ってますよね・・・彼。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。