スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京国際映画祭 チェックリスト

インポッシブル(アジアン・プレミア)
2004年のクリスマスの翌日、スマトラ沖でマグニチュード9.1の地震が発生し、巨大津波が近隣諸国に甚大な被害をもたらした。本作は、津波に飲みこまれたスペイン人一家が経験した、まさに「インポッシブル」な実話を映画化したものである。スペイン人夫婦をナオミ・ワッツとユアン・マクレガーに置き換え、実際の出来事が克明に再現されている。10分間に及ぶ巨大津波のシーンの撮影には1年を要し、ワッツは1か月以上を水槽タンクの中で過ごして生死の狭間で格闘する母親を熱演している。本作が長編2本目となる監督のJ・A・バヨナは、処女長編の『永遠のこどもたち』(07)がカンヌで喝采された後にスペインで歴史的なヒットを記録し、一躍脚光を浴びた若手である。究極の状況下に置かれた家族の絆というテーマが、ホラーテイストに感動的な親子愛を融合させた前作に通じており、ダイナミックな映像と巧みなストーリーテリングを操る才能の今後が期待される。

老人ホームを飛びだして(アジアの風)
『こころの湯』(99)『胡同(フートン)のひまわり』(05)のチャン・ヤンが監督し、錚々たるベテラン俳優陣が競演した人情派コメディーの傑作。テレビの仮装番組に応募した老人グループが、降りかかる困難もなんのその、天津のテレビ局をめざす。

未熟な犯罪者(アジアン・プレミア)
保護観察中の16歳の少年が祖父を失い、天涯孤独の身となろうとするその時、死んだはずの母親が現れる。彼女は17歳の時に彼を産み、逃げたのだった…。未熟すぎる母親と大人になれない少年のせつない関係を、瑞々しさ溢れる役者の魅力を得て繊細に綴った親子の物語。

>>続きを読む

スポンサーサイト

最近まで観た映画

鍵泥棒のメソッド(舞台挨拶付き)新宿バルト9

上映前に主演4人と監督での舞台挨拶を観ることが出来ました。
テーマは「胸きゅん」ということでお一人ずつ語っていました。
めちゃくちゃ可愛い広末ちゃん
オオボケの堺君
経験豊富な香川さん
上映中クスクスが絶えない作品でした。
ムネキュンは永遠のテーマだわ。(笑)
大収穫は広末ちゃん・・・女優してました。
前2作よりひねりが少ないようですが十分に楽しめました。


夢売るふたり

「ゆれる」の西川美和監督作品と言うことで初日のレイトショーで鑑賞しました。
言葉にしない女の怖さ、嫌らしさを松たか子がこれでもかと演じてくれます。
男って無邪気というか無神経なんでしょうか?
円満な夫婦が壊れていく過程は胸が痛くもありました。
リアルさよりもお伽話のような演出は観終えた後に残ります。



>>続きを読む

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。