スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンジャン(味噌. 된장)

11585_l.jpg

ミステリー
監督:イ・ソグン
出演:リュ・スンリョン、イ・ヨウォン、イ・ドンウク
封切り:2010年10月21日
伝説の殺人鬼を捕まえたテンジャンチゲ。死刑執行後、テンジャン作りの達人の女性が失踪…殺人的なテンジャンの真実を追跡する放送大公開!

脱獄後5年ぶりに検挙された希代の殺人鬼キム・ジョング!しかし彼を捕えたのは警察でも検察でもなかった。「あいつはテンジャンを食べて捕まりました。チゲに鼻を埋めて、自分が捕えられるのも分からなかった!」 キム・ジョングの監房の同僚の陳述が、このあきれた事件の発端になる。(Innolifeより)

ストーリー
テンジャン(味噌)がカギを握る事件の秘密とは?
脱獄して5年ぶりに検挙された殺人魔キム・ジョング。彼を捕らえたのはテンジャンチゲであった。取材にあたるチェ・ユジンは事件の鍵を握る女・チャン・ヘジンを捜すが、女は痕跡をなくす。その後、相次いで3人の死が明らかになるが。

>>続きを読む

スポンサーサイト

SKIPシテイ国際Dシネマ映画祭2011

anatoria

「昔々、アナトリアで Once Upon a Time in Anatolia」

映像と描写が秀逸を極める、第64回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品

山々に囲まれた草原地帯で殺人事件の捜査が行われる夜。捜査官や容疑者らは風が吹きすさぶ闇を越え、死体遺棄現場を探す…。
2007年『うつろいの季節(とき)』で当映画祭グランプリを受賞した、トルコの巨匠・ジェイラン監督による最新作を日本初上映。

>>続きを読む

第16回釜山国際映画祭

第16回釜山国際映画祭ガイド
第16回釜山国際映画祭上映表&ゲストリスト

BIFF 2011

第16回釜山国際映画祭開幕式レポート

「カメリア 」わたしの釜山は泣いている。

カメリア1

IRON PUSSY

■STORY
朴正煕大統領が暗殺された1979年の釜山。タイの必殺仕事人ことアイアン・プッシー(ミシェル・シャオワナサイ)は、ふだんは飲食店で働く冴えない板前のオヤジ。だが、ひとたび呼び出しがかかれば、オシャレでレトロシックな装いの、華麗なる女スパイに変身して任務をこなす。この日、指令を受けたプッシーはスタイリッシュな頭巾つきのコートを纏い、ディスコへ向かう。そこでイケメンの男、ジホン(キム・ミンジュン)と出会い恋に落ちるが、さらなる指令は「大悪党を処刑しろ」。ターゲットは非情にもジホンその人だった……。

出演:ミシェル・シャオワナサイ、キム・ミンジュン
監督:ウィシット・サーサナティアン

カメリア2

Kamome 

■STORY
映画の撮影で釜山にやって来たパク・ヨンス(ソル・ギョング)は大御所の撮影監督。わがまま女優にうんざりしながら撮影していた彼は、ふと、カメラの向こうに人影を見て中断してしまう。機嫌を損ねた女優によってその日の撮影は中止。ヨンスは後輩を誘って飲み屋に繰り出すが、雑踏で靴を履かずに町を漂う少女(吉高由里子)とすれ違う。再び少女に出会ったヨンスは彼女を店に招き入れ、彼女のために靴を買いに走る。カモメと名乗るその少女が気になって仕方がない彼は結局、一晩中、少女と一緒に釜山の町を歩き回り、夜の海に向うが・・・・・・・。

出演:ソル・ギョング『力道山』『TSUNAMI-ツナミ-』
吉高由里子『GANTZ』、『婚前特急』、『カイジ2』
監督:行定勲『GO』、『世界の中心で愛をさけぶ』『今度は愛妻家』『パレード』

カメリア3

LOVE FOR SALE 

■STORY
近未来の釜山では、脳から愛の感情と記憶を取り出し保存することが可能となっていた。そのため、愛を脳から取り出し、それを売り買いするビジネスが大盛況。他人の愛で本物の恋愛を体験できるとあって、だれもがこぞって愛を欲しがっていた。ジェイ(カン・ドンウォン)はかつてラブビジネスを牛耳る組織に、愛するボラ(ソン・ヘギョ)との仲を引き裂かれ、殺されかけた。一命を取り留めて生還した彼は、組織の人間に復讐を果たしながらボラを助け出すため「大宮殿」と呼ばれる一大組織へ潜入を果たす。

出演:カン・ドンウォン『デュエリスト』『私たちの幸せな時間』『義兄弟』
ソン・へギョ『波浪注意報』『黄真伊』『フェティッシュ』
監督:チャン・ジュナン


asobist_comより転載。

>>続きを読む

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。