スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京国際映画祭「黒く濁る村」

楽しみにしていた東京国際映画祭に行ってきました。
中央の前から6列目だったのでパクヘイル氏と何度か目が合うほどの距離感にドキドキ(笑)
地味なイメージを持ってましたが、スターのオーラなのかイイ男でした。
30半ばには見えないお目目がばっちりの可愛さがありました。
行ってよかった。(爆)

この日は大鐘賞の出席もあり1時半からの舞台挨拶を終え3時半の飛行機でソウルに戻る慌ただしさ。
監督賞を受賞されていましたね。(おめでとうございます。)

cinematopic 舞台挨拶の様子

>>続きを読む

スポンサーサイト

秋の韓ドラ

こんなに観れるかしら・・・
一応チェックした韓ドラ
最近カン・ドンウォンも気になるのよね・笑

10月29日~

パスタ BSジャパン
イタリアン レストランを背景に料理人を夢見る女主人公の愛と成功ストーリー

10月26日~

「1%の奇跡」フジテレビ (全26話)

平凡な生活を送る優しく芯のある女教師ダヒョン(キム・ジョンファ)は、ある日電車で老人に席を譲ってあげた。だがなんと、その老人は財閥の会長だった!ダヒョンのことを気に入った会長は、甘やかされて育ってきた荒々しい性格の孫・ジェイン(カン・ドンウォン)をダヒョンと結婚させようと、ある秘密の計画を立てる。ジェインは、ダヒョンを財産目的の女だと思いながらも結局、10ヶ月間という条件付きで“真面目な交際”をすることになった。はたして2人の恋の行方は…!?



「ラストスキャンダル」BS11
ファンタジーとリアリティで爆笑を誘う、チェ・ジンシル主演のスキャンダル・ラブコメディ。今は全く違う境遇にある男女が20年ぶりに再会、次第に惹かれあっていく2人を軽快に描く。まだ若かった高校時代の初恋の美しい思い出。しかし今はオバサンパーマに黒縁メガネ。オバサンになった、かつての美少女がトップスターになった初恋相手と再会し、恋をするうちに美しくなっていく…


11月6日~

「イルジメ ~一枝梅~」BS11
李氏朝鮮の第十六代仁祖(インジョ)時代1630年前後の伝説の義賊「一枝梅(イルジメ)」の物語。
イルジメは市井に生きる庶民の中から生まれた庶民の英雄。
貴族の家に盗みに入り、そこに一輪の梅の枝を残す義賊である。
昼は庶民として、夜は正体を隠すための鉄のマスクに黒いコスチュームというスタイリッシュな姿に変装し、悪に一矢報いる活躍をする華麗で孤独な一匹狼。
華麗なアクションやCGを利用した美しい映像も見所。


BS11

>>続きを読む

小さな恋のステップ

小さな恋のステップ [DVD]小さな恋のステップ [DVD]
(2006/07/28)
チョン・ジェヨン; イ・ナヨン; チャン・ヨンナム; パク・ソヌ; イム・ハリョン

商品詳細を見る


>>続きを読む

NHKアジア・フィルム・フェスティバル

昨年NHKアジア・フィルム・フェステイバルで上映され作品がTVで観ることが出来ました。

BS2 10月19日(火)~22日(金) (18~21日深夜)
NHKがアジア諸国との映画製作を通じて互いの文化を理解しあうと共に、映像文化の振興、発展に寄与することを目的として毎年開催している映画祭での上映作品を4夜連続で放送。

NHK 番組表

>>続きを読む

「テンジャン」

釜山映画祭が終わったようですね。

いつか行ってみたいけどこの時期仕事休めないし

韓国語習得しないと無理でしょうね。

ハードルが高いです。

夢にしておこうかしら。・笑


この映画韓国で今月公開ですが・・・面白そう。

「テンジャン」味噌

>>続きを読む

拍手する時に去れ

拍手する時に去れ [DVD]拍手する時に去れ [DVD]
(2008/03/05)
チャ・スンウォンシン・ハギュン

商品詳細を見る


『トンマッコルへようこそ』の原作&脚本を手がけた韓国の人気劇作家チャン・ジンが挑むシニカルなクライム・コメディ。48時間テレビ生放送の「殺人事件捜査ヴァラエティ」という奇想天外な発想から生まれた自作戯曲を映画化、韓国で観客動員250万人を突破するヒット作となった。容疑者と検事の真っ向対決に、ホテルのベルボーイや支配人、ガソリンスタンドの店員、日本人夫婦、盲目のマッサージ師といった個性的な証人が次々と登場、事件は混乱を極める。ヨンギ検事役のチャ・スンウォンと、容疑者ヨンフン役の“チャン・ジン組”シン・ハギュンが繰り広げる、冒頭の10分間に及ぶ尋問シーンをはじめとする、ふたりの白熱の演技合戦は必見!

>>続きを読む

東京国際映画祭

10月23日から開催される東京国際映画祭

公式サイト

仕事の休みまで取っていたのにチケットが完売。

当日券で大丈夫かと・・・考えが甘かった。

「モンガに散る」台湾映画です。

12月に日本で公開されるようなのでそれまで待ちましょう。


「黒く濁る村」
img_1799584_61699217_0.jpg



パクヘイルと監督の舞台挨拶が予定されています。

こちらはチケットが取れました。・笑


いつもお友達にチケットを取ってもらっていたので勝手が分からずでした。

秋は映画祭の季節です。

楽しみです。

(追記)

苔・字幕付き予告

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。