スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーマネント野ばら

監督:吉田大八
原作:西原理恵子
脚本:奥寺佐渡子
撮影:近藤龍人
美術:富田麻友美
編集:岡田久美
音楽:福原まり
製作国:2010年日本映画
上映時間:100分
配給:ショウゲート
オフィシャルサイト

「ずっと好き」はどこにもないから

       私は毎日 小さな嘘をつく


このコピーにドキッとする。

小さな嘘は 大きな嘘になるのにね・・・
スポンサーサイト

ほかならぬひとへ

ほかならぬ人へほかならぬ人へ
(2009/10/27)
白石一文

商品詳細を見る

>>続きを読む

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

原題:Vengeance 復仇
監督:ジョニー・トー
製作:ミシェル・ペタン、ロラン・ペタン、ピーター・ラム、ジョン・チョン、ワイ・カーファイ、ジョニー・トー
脚本:ワイ・カーファイ
撮影:チェン・シウチョン
美術:シルバー・チャン
編集:デビッド・リチャードソン
音楽:ロー・ターヨウ
製作国:2009年香港・フランス合作映画
上映時間:108分
配給:ファントム・フィルム
オフィシャルサイト

>>続きを読む

2010 夏公開予定映画

5月15日公開 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

「ザ・ミッション/非情の掟」「エグザイル/絆」のジョニー・トー監督が、フランスの国民的スター、ジョニー・アリディを主演に描くフィルム・ノワール。マカオに暮らす愛娘の家族を何者かに殺された初老の男・コステロ(アリディ)は、重体の娘から犯人の手がかりを聞き出し、復讐を誓う。コステロは偶然出会った殺し屋3人組に、犯人を探し出し、暗殺するよう依頼するが……。共演に、トー作品の常連アンソニー・ウォン、サイモン・ヤム、ラム・シュ。

7月3日公開 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

結婚式を間近に控えたダグは、悪友2人と新婦の弟を連れ、独身最後の夜を満喫するためラスベガスへと向かう。翌日、酒やギャンブルでバカ騒ぎをした4人はひどい二日酔いで目覚め、前夜の記憶はすっぽりと抜けていた。さらにホテルの部屋にダグの姿はなく、代わりに1匹の虎と乳児がいた……。第67回ゴールデングローブ賞でコメディ・ミュージカル部門作品賞を受賞。主演はブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス。

7月24日公開 グッドモーニング・プレジデント

のだめカンタービレ 最終楽章

総監督:武内英樹
監督:川村泰祐
製作:亀山千広
エグゼクティブプロデューサー:石原隆、和田行、吉羽治、畠中達郎、島谷能成
プロデュース:若松央樹
プロデューサー:前田久閑、和田倉和利
原作:二ノ宮知子
脚本:衛藤凛
撮影:山本英夫
製作国:2010年日本映画
配給:東宝
オフィシャルサイト

>>続きを読む

屈辱

英国の学生にパーティーゲームだそうです。
親になった人が自分は読んでないが他の連中は読んでいるだろうと思われる本のタイトルを賭ける。
参加者は読んだかどうかを順に宣言
読んだ人の頭数が親の得点になる
何冊か繰り返して総得点が多い人か勝者になる

メジャー路線の本を読まないタワケモノが勝つ?
全く読書しないと勝つ?
どっちかでしょ

スッゴく悪趣味なゲームだけど興味ある(笑)

私が勝つ事はなさそうだけどね。

もやしもん

もやしもん(8) (イブニングKC)もやしもん(8) (イブニングKC)
(2009/07/23)
石川 雅之

商品詳細を見る

>>続きを読む

ベートーベン・ウィルス

久しぶりに韓ドラを一気に観ました。

面白かったです。

でも・・・もう一回は観ないかな・苦笑

カンマエとゴヌの師弟関係

もっと丁寧に描いてくれれば違ったのに残念。
いっくら天才でもあんなには早く指揮者にはなれないよね。・笑
弟子に嫉妬し苦悩するカンマエが好みなんだけど
ゴヌに嫉妬するほどの才能がないとカンマエがちっさな男に見えてしまう。

毒舌でありえないほどの個人主事なカンマエ
素直じゃなくて・・・
頼る事で傷つく事が怖く自己防衛の棘のある鎧をまとう
周囲の人も被害者です。

でもどこか憎めない

こんな複雑キャラを演じた キム・ミョンミン氏は凄い!

惚れないけど・・・名前は覚えたわ

シャイだけど人の優しさの塊ゴヌ君
周囲を気遣い輝く笑顔はキラースマイル?

いい奴だけど惚れないわ・笑

全く主演俳優に興味を持てなかったけど

夢を持ち全力で成し遂げようとする

ゴヌが才能に目覚め
その才能に惚れたカンマエの冷たいけれど愛情を注ぐのが良かった

ルミがカンマエに瞳の言葉で堕ちてしまう
あのシーンは納得・笑

私が唯一 揺れ萌えになった場面です。

登場と同じように愛犬をお供に去るシーンも良かったかな。

★★★  吹き替えで観ても面白いかも(声優さんでね


 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。