スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕が僕であるために



生きる事に不器用で彷徨っていた頃出会ったのが彼だった。

不器用の代表選手のようだった。

怯えたような瞳に惹かれたのかもしれない。

好きなる人はその当時の自分を映している。

スポンサーサイト

悼む人

悼む人悼む人
(2008/11/27)
天童 荒太

商品詳細を見る

>>続きを読む

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。